超大型拡張コンテンツ『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』新アクション情報「ハンマー」編!

2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
今回はそんなアイスボーンで新たに追加される全14武器種のハンティングアクションの中から、「ハンマー」の新要素・変更点を確認しましょう!

溜め攻撃後のクロー攻撃

「溜めアッパーまたは、溜め叩きつけ後に可能なクロー攻撃。大型モンスターにヒットすると、しがみつくことができる」

アイスボーンにおけるハンマーの目玉がこの新アクションでしょう。
溜め攻撃後にクラッチ派生が可能で、空中移動の際に回転攻撃で強力なダメージを与えることができます。とても爽快感のある技でこれまで以上にハンマーの攻撃が苛烈に!
溜め攻撃後と説明がありますが、正確には溜め2以上かつ横回転以外の攻撃であればクロー派生ができるようです。
空中での回転攻撃は複数ヒットし、高火力が狙えるので頭部に命中させることができれば、その後のクラッチ中攻撃による肉質軟化と合わさって非常に強力なコンボとなりそうです!

強化撃ち

「溜め中に強化撃ちが行える。強化撃ち後も、溜め状態は維持される。溜め中に強化撃ちを織り交ぜて、隙を補うことが期待できる」
これまで溜め中の位置取りやタイミングが重要だったハンマーにとっては、溜め中に強化撃ちが可能なのはとても有用ですね。
強化撃ちはモンスターをひるませやすいので相手の攻撃をキャンセルさせたり、逆にスリンガー閃光弾で行動不能にしたりと、アイスボーンでは攻撃チャンスを積極的に増やしてガンガン殴っていけそうです!

モンスターに張り付いてスタンを狙っていくハンマーでしたが、クラッチ派生攻撃と強化撃ちの追加によって、これでもかという程モンスターの頭部を殴り続けることができるようになりました。アイスボーンではこれまで以上の活躍が見込めそうです!

全世界のハンマー使いの皆さんは期待してアイスボーンを待ちましょう!

おすすめのまとめ記事