超大型拡張コンテンツ『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』新アクション情報「チャージアックス」編!

2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
今回はそんなアイスボーンで新たに追加される全14武器種のハンティングアクションの中から、「チャージアックス」の新要素・変更点を確認しましょう!

斧強化状態

「ビンが一本以上ある状態で『斧:高出力属性解放斬り』の予備動作中、属性廻填斧強化斬りをすると斧強化状態となる。
一定時間、斧での攻撃が連続ヒットし、ビンの種類によって、さらに強化効果が加わる。
強属性ビン…斧攻撃時の属性攻撃力がアップ、強化時間が長い。
榴弾ビン…斧攻撃時の物理攻撃力がアップ、強化時間が短い。
斧強化状態中は一定時間ごとにビンを消費し、ビンが無くなると斧強化状態が解除される」

剣強化状態は違い、盾を属性強化状態にしなくとも斧強化状態になることが可能。
斧強化状態では攻撃モーション中に斧(盾)部分がノコギリのように回転し、一回の攻撃で多段ヒットが発生します。
そのため今作では斧強化状態で、斬り上げから属性解放斬りⅡや縦斬りを繰り出すループ攻撃がとても強力になっています!

ダウンや麻痺などモンスターに長時間の隙が生まれた時は、従来の高出力属性解放斬り連打よりも高いダメージを叩き出せるようなので、上手く強化状態を使い分けて戦うのがポイントになりそうです。

多段ヒットすることで切れ味の消費も激しいですが、高出力属性解放斬りや盾の属性強化でビンを消費することで強制的に斧強化状態を解除することができます。
新たにガードポイントも追加されており、斧強化状態へと移行する「属性廻填斧強化斬り」で盾を前に向けた瞬間に発生します。チャージアックス使いでしたら是非使いこなしたいところですね!

強化撃ち

「斧モード中は斧攻撃後に強化撃ちを行え、剣モード中はガードリアクション中に強化撃ちを行える。

ガード時に大きくのけぞっていると強化撃ちを行えないが、属性強化状態などガード性能が上がっていればのけぞりにくくなり、強化撃ちを行いやすい」
ガードポイントからも強化撃ちができるので、モンスターの突進などに合わせればひるみが取りやすそうです。
斧モードであれば強化撃ち後もコンボ派生ができるので、解放斬り㈼→強化撃ち→解放斬りⅡなど斧強化状態での強化撃ちを絡めた高火力コンボが狙えます。しかし高出力解放斬りからの強化撃ちはできないようです。

アイスボーンでチャージアックスはこれまでよりも更なる高火力を手に入れました。
斧強化状態は残りビンや切れ味など管理するポイントも増えましたが、使いこなすことができれば全武器最大のダメージを叩き出しながら戦うことが出来るはずです!

全世界のチャアク使いの皆さんは期待してアイスボーンを待ちましょう!

おすすめのまとめ記事