2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
今回はそんなアイスボーンで新たに追加される全14武器種のハンティングアクションの中から、「太刀」の新要素・変更点を確認しましょう!

特殊納刀

「攻撃後に可能な納刀動作で、『居合抜刀斬り』か『居合抜刀気刃斬り』に派生できる」
後述する二種類の居合斬りに繋げるための重要なアクションですね。
特殊納刀後に一定時間経過すると通常納刀に移行し、「納刀術」のスキルが適用されます。
コンボ中から派生することができるので、気刃大回転斬りや気刃兜割り後の硬直をキャンセルしながら使うことも可能。
隙を消しながら、さらには攻撃に転じることができる特殊納刀の使い方が新たな太刀のポイントになりそうですね!

居合抜刀斬り

「命中すると練気ゲージ自動上昇の効果が得られる。
相手の攻撃にあわせて繰り出すと練気ゲージの自動上昇量が一定時間増加するほか、居合抜刀斬り中はひるまなくなる」
練気ゲージの自動上昇という便利な効果を持つ居合アクションです。
上手くコンボ中に組み込むことができれば素早く練気ゲージを貯め、継続的な火力アップにも繋がりそうですね!
そして居合アクション二種類で共通している、モンスターの攻撃に合わせることで無敵回避しながらの攻撃!
居合抜刀斬りでは練気ゲージ上昇量がさらに増えますが、タイミングはシビアなので狙うかは腕前に相談するのがよさそうです。

居合抜刀気刃斬り

「発動すると練気ゲージの色は一段階下がるが高威力の技。
相手の攻撃にあわせて繰り出すと練気ゲージの色段階を下げずに繰り出せるほか、居合抜刀気刃斬り中はひるまなくなる」
こちらが今回の太刀の目玉アクションではないでしょうか。
特殊納刀から繰り出されるスタイリッシュな居合抜刀気刃斬り! 全世界の太刀使いが興奮したはず!
練気ゲージの色段階を消費することで高火力な一撃を繰り出せる他、気刃大回転斬りや気刃兜割り後の特殊納刀から派生することでこれまで以上の瞬間火力が出せるようになった点も強いですね。

強化撃ち

「気刃斬り後に強化撃ちが可能。モンスターのひるみを狙いつつ、気刃斬りを繰り出せる」
強化撃ちは射程が短くなる代わりにモンスターをひるませやすいスリンガー攻撃です。
気刃斬り㈼(大回転斬り)や気刃突き(兜割り)に派生することができるので、モンスターがひるんだ隙に大技を叩きこんで大ダメージを狙うことができますね!

さまざまな強化がされた太刀ですが、アイスボーンのベータ版では「見切り斬り」が弱体化調整を受けていました。
見切り斬りを発動した際の無敵時間の減少と、練気ゲージが空だと失敗して無敵が発動しないようになっています。
ベータ版での調整なのでこのまま製品版となるかは確定ではありませんが、太刀使いのハンターは注意しておきましょう。

高火力かつスタイリッシュの「居合抜刀気刃斬り」、練気ゲージを貯める「居合抜刀斬り」。
二種類の強力な居合アクションが追加され、アイスボーンでも太刀の強さは健在となりそうです!

全世界の太刀使いの皆さんは期待してアイスボーンを待ちましょう!

おすすめのまとめ記事