2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
今回はそんなアイスボーンで新たに追加される全14武器種のハンティングアクションの中から、「大剣」の新要素・変更点を確認しましょう!

真・溜め斬り(強撃)

「柔らかくダメージが通りやすいモンスターの弱点部位に対し、真・溜め斬りの1段目を当てると、2段目がより高威力になる」

モンハンワールドで大剣の最強技であった真・溜め斬りがアイスボーンでさらに強くなって帰ってきました!

モーションなどの変更はなく、1段目をモンスターの弱点部位に当てることで2段目が超火力になるというシンプルなものです。

大剣は真・溜め斬りをとにかく狙う武器だったので純粋な強化ですが、そこまでのコンボルートが長めだったという不満点もありました。しかしそれを、後述する強化撃ちが解決してくれています!

強化撃ち

「攻撃後に強化撃ちが行える。
その後、真・溜め斬りか、なぎ払いに派生可能で、強化撃ちでひるませてから高威力な攻撃で追撃が狙える」

いままでは溜め斬り系をタックルでキャンセルすることで真・溜め斬りまでのコンボルートを省略していましたが、アイスボーンからは適当な攻撃から強化撃ち、そこから真・溜め斬りという最速ルートが生まれました。

そのため本作の大剣は今までよりも素早く最大火力を出すことができるようになっています!
さらには真・溜め斬り・強なぎ払い以外のすべての攻撃から強化撃ちに繋がるので、コンボルートの選択にも自由度が生まれて幅広い立ち回りが可能となりました。

強化点はこれだけに留まりません。大剣の強化撃ちは全方向に発射することができるので、いきなり真後ろに向かって真・溜め斬りを発動、なんてこともできるようになっています。

自由なコンボルートと強化撃ちによる方向転換で、モンスターの弱点を狙い確実に真・溜め斬りを叩きこむことができるという至れり尽くせりの強化ですね!

当然ながら強化撃ちにはスリンガーの弾が必要なので、石ころやツブテの実は常に補充しときましょう。火力を出すにはまず石拾いからです。

発表当初は追加アクションが殆どないということで不満も出ていた大剣の強化。
しかし蓋を開けてみれば強化撃ちの登場でかゆいところに手が届くようになり、扱いやすくもシンプルに強い大剣へとなっていました!

全世界の大剣使いの皆さんは期待してアイスボーンを待ちましょう!

おすすめのまとめ記事