2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
現在発売中の「モンスターハンター:ワールド」の超大型拡張コンテンツとして発表された本作。

今回はそんなアイスボーンで追加されるさまざまな新要素の中から、新たな舞台と活動拠点の情報を確認していきましょう!

タイトルでも示されている新たな舞台は『渡りの凍て地』!
その名の通り、モンハンワールドでは登場しなかった寒冷地フィールドですね。

雪深い森林地帯と山岳地帯が複合した見るからに険しい環境で、映像などでは降り積もった雪をハンターがかき分けて進む様子が確認できます。歩いた部分が道になっていくなど自然表現もこだわってますね!

アイスボーン序盤は一部のエリアしか探索できないようです。
ストーリーを進めることで行動範囲が拡張されていき、全エリアを解放することでモンハンワールドで最も広大なフィールドになるとのこと!

寒冷地フィールドの追加に伴ってシリーズお馴染みのホットドリンクも復活。
さらに渡りの凍て地には、入浴することでホットドリンクと同じ効果を得られる「温泉」が湧き出ているエリアがあるそうです。うっかりホットドリンクを忘れても大丈夫ですね。

そしてそんな渡りの凍て地を調査するため新たに設置されたのが『前線拠点セリエナ』!
加工屋や生態研究所、マカ錬金に調査資源管理所など、本部アステラと同様の施設を備えた新拠点です。
豊富な地熱エネルギーを運用し、アステラとは海路による定期船が流通しているそう。果たして交易船は来るのか。

新設備「蒸気機関管理所」が追加!
どうやら拠点に必要な動力を生み出している施設のようで、「燃料」を貯めることでアイテムがもらえるようです。

燃料はクエストをクリアすることで自動的に貯まる他、アイテムや鉱石類を燃料として変換することも可能とのこと。
アステラにおける「植生研究所」のようなものでしょうか、どのようなアイテムが入手できるか楽しみですね。

セリエナでは拠点の周りにさまざまな施設や窓口が設置され、拠点内の利便性が向上しているそうです。アステラでは上へ下へと移動が大変だったのでこれは非常に助かる!

ルームサービスやオトモ管理もマイハウスの外から話しかけてサービスを利用することが可能となり、セリエナでしか味わえない食事を作ってくれる「セリエナの料理長」も登場!

新たな舞台である『渡りの凍て地』と『前線拠点セリエナ』。
広大なフィールドに使いやすくなった第二の拠点など新要素が目白押しでアイスボーンへの期待が高まります。

全世界のモンハンファンのみなさん、9月6日の発売日を興奮しながら待ちましょう!

おすすめのまとめ記事