超大型拡張コンテンツ『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』新アクション情報「ライトボウガン」編!

2019年9月6日に発売を予定している『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』。
今回はそんなアイスボーンで新たに追加される全14武器種のハンティングアクションの中から、「ライトボウガン」の新要素・変更点を確認しましょう!

回避装填

「回避装填パーツ装着時に可能なアクション。滑り込み回避時に1発分の弾を装填する。リロードの隙が大きい弾や装填数の少ない弾との相性がよく、足を止めることなく撃ち続けることが可能。パーツを複数装着することで装填する弾の数が増える」

ライトボウガンのスライディング回避にスタイリッシュなアクションが追加されました。
攻撃後のスライディング回避で、装着した回避装填パーツ×1発の弾を自動的に装填してくれます!
これによってリロード時間の長い弾を素早く、かつ回避しながら装填することが可能になるので隙を見せない立ち回りで継続的に戦うことができますね。

弱点としては攻撃後の回避で自動装填が発動するので、一発もリロードされていない弾には使えないという点です。大量の弾を一気にリロードすることも難しいので、その場合はリロード補助パーツで補いましょう!

反撃竜弾

「起爆竜弾・改造パーツ装着時に可能なアクション。起爆竜弾が前方へ射出する反撃竜弾に変化する。反動は大きく、起爆可能な時間は短いが、モンスターの攻撃で起爆した際に大きなダメージが期待できる。複数装着不可」

従来の起爆竜弾は地面に設置し、攻撃が加えられると爆発してダメージを与えるという仕様でしたが、反撃竜弾はその使い勝手をまったく新しいものに変えてしまう強化パーツです。
反撃竜弾は起爆竜弾とは違い、モンスターの攻撃以外で爆発すると非常に低威力です。高いダメージを出すにはモンスターが攻撃する瞬間に合わせて撃つ必要のあるハイリスクハイリターンの特殊弾となっています。
そのためモンスターを拘束した時や一方的に攻撃できる有利な状況では使いにくいという弱点があります。
しかしそれを補って余りある火力が反撃竜弾には備えられており、モンスターの動きを先読みして狙う腕前が必要ですが上手く使うことができれば起爆竜弾よりも高いダメージが期待できる性能を秘めています!

アイスボーンではボウガンを強化することで強化パーツの枠が増加し、上記の他にも新たなパーツが追加されます。
貫通ダメージを強化する「弾丸重化パーツ」や射程や適性距離を延ばす「弾速強化パーツ」など、さらにボウガン改造の幅が広がりますね!

回避装填と反撃竜弾を手に入れて、新しい立ち回りと戦略が可能となったライトボウガン。

全世界のライトボウガン使いの皆さんは期待してアイスボーンを待ちましょう!

おすすめのまとめ記事